何とかして建築業許可を取る方法

合同会社って

合同会社というのは、平成18年5月の法律改正によって新たに作られた会社の形態です。

それまでは株式会社と有限会社というのが存在していましたね。

有限会社は今でも存在していますが、平成18年5月以降は新たに設立することができなくなりました。

その有限会社に代わって合同会社が設立できるようになったので、似ているように思われるのですが、少なからず違うところがあります。

大きな違いとしては、株式会社へ変更するのに時間がかかってしまうということ。

官報に公告するなどの作業がありますので、どうしても1ヶ月以上の時間がかかります。

また、出資者の権利が対等であるということ。

資本金を100万円出している人と、10万円出している人との権利が対等になっています。

株式会社であれば、出資額に応じて権利を持つことになりますが、合同会社の場合は出資額に関係なく、対等な権利になります。

通常であれば、株式会社をおすすめしますが、以下のような方であれば、合同会社でも問題ありません。

  • 将来会社を大きくすることがない場合
  • とにかく法人格だけがあれば良い場合
  • 本人だけ、又は家族だけの出資で出資者でもめることが絶対にない場合

このような場合は、設立時の税金も安く抑えられるため、合同会社の方が、向いているかもしれませんね。

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional